FC2ブログ

2019-08

トルコの旅:余談(腕輪)

トルコのナザールボンジュ。悪意を持った視線(邪視)によって災いが降りかかるのを防ぐ魔除けのお守り。メデューサ信仰の名残とも言われてるそうですが、イスラム教が入ってくる前、紀元前から続いているらしい。街にも遺跡のショップにも土産物店にも大小様々のものが並んでいます。
IMG_0620nazarubonju.jpg

大きいのは玄関、中くらいのは車、小さいのはストラップとかブレスレットなどで身につけます。
さて、写真の右二つはそうですが、
 一番左のブレスレットは・・・なんでしょ。グランドバザールで入手しましたが、インターネットで調べても出てこないです。なんだか、トルコ風というよりエジプト風な感じもしますね。
スポンサーサイト

トルコの旅:余談(クレオパトラの妹!!)

昨年の9月にNHKスペシャルで「クレオパトラの妹」の発見が放映されました。
なんでも墓、石棺と骨も発見されたようです。今回の旅行中にはすっかり忘れていましたが、なんと3月1日に訪問したエフェソスがクレオパトラの妹アルシノエが埋葬された場所だったようです。

炭素年代測定で、骨の主が生きていたのは、クレオパトラと同じ時代と判明。身長は当時としては高い154cm、大変細身の女性だったと判ったらしい。肝心の頭蓋骨は、ドイツの調査隊により持ち去られていたが、ドイツ調査隊のデータが発見されて、再現した顔も放映されました。ギリシャ系白人と古代エジプト人の混血とわかったらしい。
s-arushinoe.jpg
で、アルシノエは暗殺を恐れてアルテミス神殿に籠もったらしい。この神殿は古代世界の七不思議のひとつだそうですが、いまは石柱が残るのみ。犯罪者なども逃げ込むと、アルテミスの保護下にあるとみなされ捕まらなかったとか。
100301-124450y_20100313115429.jpg
でも、結局はクレオパトラに依頼されたアントニオの配下に殺されてしまった(死因は突然死で、15~17歳)が、ここエフェソスでその墓が見つかったわけです。
その場所は、当時の高級住宅街のある図書館からのクレディア通り。
100301-144802hskurediadouri.jpg 100301-145934ytoshokan.jpg
クレディア通りの左端に写っている囲いの中にあるらしい。

トルコの旅:余談(犬と猫の天国?)

取り敢えず、忘れないようにとまとめを急ぎました。またゆっくりと見直しが必要だし、しばらくは楽しめそう。

ところで、今回は体調がもうひとつであった事もあり、現地での情報収集がきっちりとできなかったし、写真ももうひとつ。連れ合いの写真を多用しています。
でもって、ひとつ気になったのがトルコの犬と猫。
都会から田舎まで遺跡も含めて各地をまわりましたが、至る所にいたのが放し飼い?ノラ?の犬と猫。この犬がまた大きいんです。
チベット、モンゴルなどにもいましたが、こちらトルコの犬も猫も実に大人しいというか性格が優しい。そういえば、トルコの方からも優しいほんわかとした印象を受けましたが、犬・猫も同じようにほんわかしています。
決して吠えつかないし、脅してもこない。逆に見知らぬ人に怯える様子もありません。
大きな犬が見知らぬ旅人にお腹を見せて寝転がって甘えます。猫も犬ほどは馴れ馴れしくしないけど同様です。
急に人と出くわす、犬と猫が出くわしても、決して怒ったりしません。
ツア仲間は撫でたりさすったりとしていましたが、ここは狂犬病も要注意らしいので私は遠慮しました。
写真を取り忘れたので、ネットから拝借しました。
c0154819_059214.jpg 123565985063616425876.jpg
20090808235626.jpg

トルコの旅その9(イスタンブール→帰国)

いよいよ最終日、3月4日です。
新市街のホテルで宿泊、朝はゆっくりなので急坂の町中を歩いて海岸まで散策。
朝食の後、旧市街のグランドバザールに立ち寄ってからアタチュルク空港へと移動。
0304zentairev1.jpg
ゴールド、宝石などの装飾品の土産物からキャビア、お菓子などを置いた大きなアーケード街のグランドバザールでは買い損ねたチャイのコップ、魔除けの腕輪などをゲット。バザールの中をチャイの配達をしている店を見つけて休憩。まるでカッパドキアの洞窟のような狭テーブルひとつの倉庫兼用の地下室に案内されてドキドキ・・・でも実に楽しいオジイサン・オトウサン・息子さんの三世代で切り盛りしている店でした。ツアのお仲間達とすっかり仲良くなって大いに盛り上がります。
0304snap.jpg 0304baza-ru.jpg

トルコの旅その8(チャナッカレ→イスタンブール)

3月3日、いよいよイスタンブールへと戻ります。約320km。途中、フェリーでダーダネル海峡をアジア大陸からヨーロッパ大陸へ渡ります。0303chanakkare-isutanburu.jpg
イスタンブールに入るとお約束のボスポラス海峡のクルージング。西にヨーロッパ大陸、イスタンブールの城、ジャーミーを見ながら、東側はアジア大陸です。クルージングを終えて、ガラタ橋の新市街側へ。イズニックタイルの綺麗なリュステム・パシャ・ジャーミーを見てからエジプシャンバザール、ガラタ橋などの自由散策。
0303cbosporasu-clusing.jpg 0303garatabasi.jpg
0303hotel.jpg 0303clusing.jpg 
0303ejipshan-bazal.jpg 0303garata.jpg

«  | ホーム |  »

プロフィール

釋護法

Author:釋護法
ホームページ「夫婦で山ある記」と連携、ここでは山・旅の速報、日々の雑記、電脳遊び等を気の向くままに書いています。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
山歩き・旅 (637)
電脳遊び、IT (232)
Windows 7 (7)
パソコンQ&A集 (45)
徒然Diary (448)
男の料理((笑) (48)
四川省の山旅 (24)
広州・桂林の旅 (15)
アンコール遺跡の旅 (17)
チベットの旅 (41)
モンゴルの旅 (5)
トルコの旅 (13)
ベトナムの山旅 (7)
仏教 (7)
暦 (5)
平安海進と厳島神社の水没 (3)
ニャインカンプ(ネコ闘争) (3)
徳島点描(徳島のはてな?) (309)
表紙 (66)

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

ご訪問ありがとうございます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見・ご感想あるいは連絡にご利用下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード