FC2ブログ

2019-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年度 最初の料理教室

またまた留年して「男の料理教室」の今年度がスタート。
あまり留年を続けると、新入生が入ってくる隙間がなくなりますね(^_^;)。

昨年度は最後の2回を続けて休みましたので三ヶ月ぶりです。同級性が「元気だったのかしら」と心配してくださいました(^_^)。

新学期でクラス替え?もあって組合せメンバーが少しかわりました。そして誰がつけたか、クラス名が白板に書かれています。「バラ」「菜の花」「パンジー」「サクラ」です。隣に幼稚園もあることだし、シニア幼稚園としてぴったしかな。

さて、本日のレシピです。
IMG_1950s.jpg

1.タケノコご飯
  タケノコ、油揚げ、鶏のささみ
  調味料は「酒、塩、醤油、みりん」です。
  炊けたところで、米の上に乗せた具をかき混ぜ、盛りつけてから木の芽を
  手のひらで叩いてから載せます。
2.かきたま汁
  だし汁にシメジを入れて火にかけ、
  煮立ったところで、「塩、酒、みりん、しょうゆ」を加えて、
  更に煮立ったところで、火を止めて「水とき片栗粉」を混ぜながら加える。
  だしと混ぜ合わせた卵を流し入れて、最後にひとまぜして、みつばを加える、、
3.鮭の照り焼き
  フライパンにサラダ油をひいて熱し、次善に塩をした後に水気を拭いた
  鮭の切り身を両面焼く。
  焼けた鮭を取り出して、フライパンをキッチンペーパで拭く。
  たれ「砂糖、しょうゆ、みりん、酒」をフライパンに。煮立ったら鮭を
  戻しいれる。両面をからめるように焼き、照りよく仕上げ。
  大根おろしとと盛り合わせ
4.春キャベツの温サラダ
  キャベツ、人参の千切りを、塩と油を少々加えた湯にいれてさっと茹でる。
  湯を切って盛りつけ、コーンを載せる
  ドレッシングは「砂糖、昆布茶、酢、オリーブオイル、コショウ」
5.イチゴ
  きび砂糖をかける。
スポンサーサイト

今年初めての料理教室

2010年になって最初の料理教室です。
P1100046s.jpg
美味しかった\(^_^)/。

1.里芋ご飯
  炊飯器に米と分量の水、酒、味噌、塩、煮干しを入れたお茶パック。
  そこに一口大に切った里芋、油抜きし短冊に切った油揚げをいれて炊き込み
2.フリッター、チリソース
  ①卵白を泡立てておく。
  ②卵黄+水・塩・サラダ油を入れてよく混ぜる。そこへ小麦粉を振りながら入れて混ぜる
  ③泡立てた卵白に上記を加え、泡が消えないようにさくっと混ぜる
  ④そぎ切りして塩・胡椒した鶏の胸肉に薄く小麦粉をつけ、
   ③をたっぷりつけて、170℃の油で揚げる
  ⑤適当な大きさにちぎったレタスと、④を盛りつけて、チリソースをかける
3.ソバ米汁
  ①ソバ米を茹でてザルにあげておく
  ②鶏のもも肉を1cm角に、大根人参はイチョウ切りに、
   ゴボウはささがきに、
   生シイタケは薄切りに
   ネギは小口切り
  ③鍋に大根、人参、ゴボウを入れ煮る。火が通ったら生シイタ、鶏肉、輪切りの竹輪
   を入れて、
   ソバ米、だし汁(薄口醤油、酒、塩)をいれる
  ④最後にネギを入れて火を止める
4.イチゴムース
  ①ゼラチンを牛乳に入れて良く溶かす。湯煎にかけておく
  ②ミキサーに上記、ヨ-グルト、砂糖、生クリーム、チゴをいれて攪拌
  ③器に入れ冷蔵庫で固め、イチゴを飾る

12月の料理教室

11月の教室を休んだので2ヶ月ぶりの教室です。
張り切って早く着きすぎたので、近くの市役所で時間つぶし。ちょうどロビーで展示をしていました。凄いタイトルです(^_^;)・・・「情熱の女たちかえらのメッセージ20」。
P1090382s.jpg
なんでも市政120周年を記念した手工芸家協会の展示だそうです。テーマは「未来への伝言」。芸術心の乏しい私にはテーマとの関連が・・・(^_^;)でした。

そして、料理教室の建物へと移動。
本日はクリスマスバージョン、いつもより30分早く始まり、食後には教室のお仲間にいるプロの方などの演奏も聞かせてもらえます。

本日は、
1.押し寿司
 ・酢飯、炒り卵、千切りの青じそを用意して、缶詰の鮭フレークとチーズ
   組合せます。
 ・牛乳パックを切った四角い枠にサランラップを入れ、その中に酢飯と具
   交互に敷いていきます。
 ・炒り卵、酢飯。青じそ+スライスチーズ、酢飯、青じそ+酒フレーク、酢飯
   の淳に敷き詰めていって、最後にサランラップを閉じて強く押します。
 ・牛乳パックの上下はあいているので、押し出して卵が上に来るようにして
  ラップを外します。
 そして、トマトとブロッコリーをトッピング。
2.ぶりの和風ステーキ
 ・塩胡椒してから小麦粉を薄くまぶしたぶりを
  バターとにんにくを入れたフライパンでぶりの両目絵を焼いて酒を振りかける
 ・摺り下ろした玉ネギ・人参をフライパンでじっくり炒める。
  水、コンソメ、みりん、砂糖、濃い口醤油をいれて中火で煮詰めソースにする
 ・皿にぶり、ブロッコリー、グリルで軽く焼いたパブリカを盛りつけ、ソースを
  かける。
3.白和え
 ・水気を切った豆腐をすり鉢ですり、練り胡麻、砂糖、塩、醤油をいれてよく混ぜる
  そこに、5mm書くの拍子木切りして茹でたサツマイモ、茹でて3cm長さに
  切った春菊を入れて和える。
4.蓮根スープ
 ・蓮根の皮を剥いて酢水にさらす。
 ・エビの背わたを覗き酒を振りかけ、包丁の背でたたく
 ・エノキダケは1cm長さ
 ・だし汁にエノキダケとエビを入れて煮立て、摺り下ろした蓮根をいれ、
  調味料(酒、塩、薄口醤油)を加える。
 ・小口切りのネギをいれて、火を止める。

P1090383s.jpg
そして、今回は先生方で用意されたケーキと食後の演奏会も(^_^)
P1090384s.jpg P1090387s.jpg

男の料理教室 番外編

11月の料理教室は上京中であったため欠席。戻って来てから教室の同級生(パソコン教室の生徒さんでもあります)から配布されたレシピを頂きました。これが、なかなか美味しそう。
そこで、やはり料理教室の同級生でもある友人にお願いして、我が家で番外編を開催。
友人ご夫妻と我ら夫婦です。奥様二人は別室で歓談してもらって、男ども二人がキッチンでわいわいと(^_^)。
P1090249s.jpg
料理は、
 1.炊き込みサフランライス
   ・分量のお米をいれた炊飯器に「ガーリックパウダー、コンソメ、サフラン、塩」
    を加えて混ぜ合わす。
   ・で、その上にシメジとアサリをのせて炊きあげ
   ・炊けたら、粗みじんのパブリカをのせて10分蒸らす。
   ・平皿に盛る。
 2.白菜スープ
   ・鍋に油を熱し、斜め切りの長ネギと5cm長さでかつ縦に千切りした白菜の葉元、
    干しシイタケを入れる。
   ・水、干しシイタケの戻し汁、コンソメ、帆立貝柱水煮缶詰から缶汁ごと加えて
    中火で煮る。
   ・ざく切りした白菜の葉先を加える。
   ・柔らかくなったら牛乳を加え、塩・胡椒で味を調える。
   ・水溶き片栗粉でとろみをつける。
 3.イタリアンソテー
   ・フライパンにオリーブ油、5っm輪切りのサツマイモを焼き、更に盛りつける。
   ・そのフライパンに薄切りニンニク、そして塩・胡椒しておいた豚ヒレと薄切りした
    玉ネギを色着くまでしっかり炒める。
   ・生しいたけを加えて炒め、甘栗を入れる。
   ・酒をふりかけて蓋をして弱めの中火で2~3分蒸し煮。
   ・蓋をとって強火で水気を飛ばす。
   ・先ほどの皿に盛りつける。
   ・バルサミコ酢、砂糖、しょうゆのソースを軽く煮詰めて、盛った皿にかける。
   ・粗挽き胡椒、塩を少々。スダチを添える。
P1090251s.jpg P1030212s.jpg

男の特選料理 課外教室:奥様接待編(^_^)

友人ご夫妻と料理教室の放課後編(またの名は奥様接待編)を久しぶりに実施。ご主人は毎月行ってる料理教室「男の特選料理」の同級生でもあります。
一回目が2006年9月、二回目が2008年3月そして今回とまあ気まぐれにやってます(^_^;)。

今回は料理教室で教わった
  カブラ料理(カブラの葉ご飯、カブラの酢の物、カブラのスープ)・・一昨年12月のレシピ。
  そして さんまの韓国煮・・今年9月のレシピ
です。
P1090081s.jpg

1.カブラの葉ご飯
  カブラの葉を小口切り、油で炒めてからポン酢を入れて水気がなくなるまで炒める。
  ポン酢を入れて炊きあげたご飯に上記と煎りゴマを混ぜ合わせる。
2.カブラの酢の物
  カブラの下2/3を薄切り。酢、砂糖、輪切り唐辛子で和える
3.カブラのスープ
  カブラの上部1/3を薄切り。コンソメ、カットわかめと煮る。塩で味を調整。
4.サンマの韓国煮
  ・サンマの内臓をとって二等分
  ・ナスの皮をむいて縦半分、更に3~4等分。
  ・ごま油をひいたフライパンでサンマの両面を焼き、
  ・サンマの上に薄切り生姜と調味料をかけ、
   更にフライパンの縁から水を加えて落とし蓋。中火。
   煮立ったら弱火にし6=7分煮てからナスを加えて
     蓋をし火を通す。何度か煮汁をかけながら煮る。
   調味料
     味噌、醤油、砂糖、ミリン、おろしにんにく、とうがらし1本
P1090079s.jpg

見かけ、彩りがもうひとつかも。でも味はばっちり\(^_^)/。

«  | ホーム |  »

プロフィール

釋護法

Author:釋護法
ホームページ「夫婦で山ある記」と連携、ここでは山・旅の速報、日々の雑記、電脳遊び等を気の向くままに書いています。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
山歩き・旅 (637)
電脳遊び、IT (232)
Windows 7 (7)
パソコンQ&A集 (45)
徒然Diary (448)
男の料理((笑) (48)
四川省の山旅 (24)
広州・桂林の旅 (15)
アンコール遺跡の旅 (17)
チベットの旅 (41)
モンゴルの旅 (5)
トルコの旅 (13)
ベトナムの山旅 (7)
仏教 (7)
暦 (5)
平安海進と厳島神社の水没 (3)
ニャインカンプ(ネコ闘争) (3)
徳島点描(徳島のはてな?) (309)
表紙 (66)

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

ご訪問ありがとうございます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご意見・ご感想あるいは連絡にご利用下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。